エンタメ お役立ち情報 グルメ

マクドナルドの値上げの歴史について。価格推移をまとめました。

投稿日:

テレ朝ニュース9月26日

日本マクドナルドが6割の品目の値上げ発表

日本マクドナルドがおよそ6割の品目で店頭価格の値上げを発表しました。かつて100円を切っていたハンバーガーは130円から150円に。ビッグマックは390円から410円に引き上げられました。

ハンバーガー  130円 → 150円

ビッグマック  390円 → 410円

ヤフーニュースでも取り上げられました

ヤフーニュースのANNニュースで取り上げられていました。

1971年は、ハンバーガー1個が80円。あんぱんが25円で買えた時代です。決して安い食べ物ではありませんでした。

バブル期には、1個210円。これが今のところの最高値です。

低価格競争に突入したのは1995年。2000年には、平日半額セールで65円に。

日本マクドナルド・藤田田社長(当時):「あと10年は景気良くならずデフレ経済に、どうしても低価格にせざるを得ない。本当は45円ぐらいで売りたい」と。

2002年には59円。しかし…。

次第に、価格競争の限界が見え始めます。この年、一部商品を値上げ。

お客さん

「えっ?マジっすか?じゃあ、いっぱい食べられないじゃないですか!」「一回下げられたものがもう一回上げられると抵抗感じる」

目玉のハンバーガー59円は据え置いたものの、半年後には、ハンバーガーも59円から80円に値上げ。

その後は、ジリジリと微増微減を繰り返し、今年3月、130円に値上げしたばかり。

 

2022年9月30日からはさらに値上げし、150円と410円に

2022年9月30日からはさらに値上げし、150円になりました。

ビッグマックは、390円が410円に。マックフライポテトのSサイズが150円から160円になりました。

値上げの理由は、原材料価格の高騰や人件費、物流費の上昇などに加えて、急激な円安の影響だといわれています。

年度別の価格推移を表にまとめました

社名: 日本マクドナルド株式会社 創業 1971年7月20日 

ハンバーガー チーズバーガー
1971年7月~ 80円 1980年 200円
1980年~ 180円 1985年~ 280円
1985年~ 230円 1992~2000年 240円
1995年~ 136円 2000年~ 80円
2000年~ 68円 2013年5月~ 150円
2022年3月~ 130円 2022年3月~ 160円
2022年9月~ 150円 2022年9月~ 180円
ビッグマック ダブルチーズバーガー
1971年7月~ 200円 1983年 350円
1985年 420円 1985年 400円
2003年8月 262円 1990年 350円
2015年5月 370円 2005年2月 231円
2018年2月 390円 2022年3月 350円
2022年9月 410円 2022年9月 370円

主なハンバーガーを調査してみました。

開業の80円から一貫して値上げしていたマクドナルドのハンバーガーは1985年に230円へ。

しかしバブルが崩壊してから値下げになり、一時は税抜59円という叩き売り状態にもなったのです。。

象徴的な存在であるビッグマックですら200円と、牛丼屋と並びデフレの申し子的なポジションを確立していました。

また、2022年3月14日からハンバーガーやチーズバーガー、チキンクリスプなどを20円に。

ダブルチーズバーガーやテリヤキマックバーガーなどを10円値上げしました。

値上げはメニュー全体の約2割で、13商品が対象。

2022年3月半ばまで110円だったハンバーガーやチキンクリスプ、ソーセージマフィン、140円だったチーズバーガー、120円のマックシェイクSなど。

高価格化を進めるなかで、利益率や利幅の低い商品に対しテコ入れを図った形。

さらに追い打ちをかけるように、約半年後となる2022年9月30日、上記の通り幅広い商品において値上げしました。

子供の頃はあれほど好きだったマクドナルドも、若い頃にハンバーガー65円を経験し、色々な店で様々なものを食べながら年を重ねた結果、魅力らしい魅力が見当たらなくなってしまったように思えます。

安物を高く売っている印象ですが、あなたはどのようにとらえますか。

合わせて読みたいは記事はコチラ↓

マクドナルドの値上げはいつから?2022年値上げ商品まとめと歴史

 

-エンタメ, お役立ち情報, グルメ

Copyright© 万年青年ブログ , 2022 All Rights Reserved.