お役立ち情報 グルメ

ブロッコリーを長持ちさせるおすすめの保存方法と保存期間

投稿日:

突然ですが、みなさんはブロッコリーが好きですか?

ブロッコリーは、サラダや付け合わせ、お弁当の彩りに使ったりと、様々な場面で活躍の多い野菜だと思います。

緑色が鮮やかで、ビタミンCをたっぷり含む優秀な食材である栄養満点なブロッコリーは、常温保存では傷みやすいため、冷蔵庫、または冷凍庫で保存します。

今ではほぼ1年中手に入れることのできるブロッコリーですが、家庭では、どのように保存するのがいいのでしょうか?

「冷凍保存と冷蔵保存の違いは?」

「生のまま?それとも茹でてから?」

「保存期間はどれくらい?」

ここでは、新鮮な状態を長くキープすることができる、冷凍・冷蔵それぞれのブロッコリーの保存のポイント、保存期間を詳しくまとめています。

また、新鮮でおいしいブロッコリーの見分け方、さらに美味しい加熱の仕方や、簡単レシピも紹介していますので、良ければ参考になさってくださいね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【冷凍食品】国産オーガニック 冷凍ブロッコリーセット 6袋
価格:2700円(税込、送料別) (2022/7/30時点)

楽天で購入

 

ブロッコリーのおすすめの保存方法

ブロッコリーは「花蕾(からい)」と呼ばれる、蕾(つぼみ)の集合体を食べる野菜です。

ようするに、つぶつぶとした部分は花の蕾なのです。

スーパーなどで購入する際、おいしいブロッコリーを見分けるポイントは、「花蕾」

「茎の切り口」  「外側の葉」の3つです。

「花蕾」

ブロッコリーは、花蕾(つぼみ)が固く締まって、キュッとしているものが新鮮です。

開いているものは鮮度が落ちています。

「茎の切り口」

きれいな薄い緑色をしている。

「外側の葉」

ピンと張っているものは新鮮です。

ブロッコリーは鮮度が落ちやすい野菜です。

購入後はなるべく早く下処理をして、冷蔵庫、または冷凍室で保存しましょう。

【冷蔵】

・キッチンペーパーで包む

比較的早く使い切る場合は、湿らせたキッチンペーパーを水で湿らせ、ブロッコリーを包みます。

さらにポリ袋などに入れ、口を軽く閉じ、冷蔵庫で保存します。

・水を入れたコップに立てる

まずブロッコリーの茎を、下から1㎝ほど切り落とします。

次にコップにブロッコリーの根元がつかるくらいの水を入れ、そこにブロッコリーを立てます。

さらに上からポリ袋をフワッとかぶせ、下を輪ゴムで閉じて、冷蔵庫で保存します。

【冷凍】

・茹でずに生のまま冷凍

ブロッコリーは、茹でずに生のまま冷凍保存することが可能です。

その場合、まずブロッコリーを水洗いして、水けをしっかりとふき取ります。

花蕾を、小房ごとに分けて、ジップロックなどの冷凍保存袋に入れて冷凍室へ。

鮮度が長持ちするのと、風味がアップするという利点があります。

・加熱してから冷凍

加熱して保存する場合は、解凍後に水っぽくならないよう、硬めに加熱しておくのがポイントです。

よく洗って花蕾を小分けにし、お湯で1分ほど茹でるか、電子レンジで約2分ほど、加熱します。

その後、ブロッコリーが水っぽくなるのを防ぐために、ザルなどで冷まします。

この時に、花蕾を下にすると、水分がよく切れるのでおすすめです。

冷めたら冷凍用保存袋に入れて、冷凍室で保存してください。

加熱してから冷凍すると、食感が変わりにくくなります。また解凍後にそのまますぐ使えるのもメリットです。

ブロッコリーの保存期間 

保存方法に気をつければ、ブロッコリーを長持ちさせることができます。

冷蔵と冷凍、それぞれの保存期間の目安は以下の通りです。

・冷蔵保存

キッチンペーパーに包んだ状態でのブロッコリーは、大体3日〜4日ほどです。

水入りのコップに立てた状態での保存の場合は、大体10~14日ほど長持ちさせることができます。

ちなみに、ブロッコリーは温度の低い場所のほうが長持ちします。

なのでブロッコリーを常温で保存するのはNGです。

20度以上で保存した場合、収穫してから2日間ほどで黄色に変色してしまいます。

なのでもしスペースの確保ができるのであれば、野菜室ではなく冷蔵室で保存した方がよりおすすめです。

・冷凍保存の場合の目安

冷凍の場合は、生のまま、茹でてから共に保存期間は大体3〜4週間ほどとなります。

*冷凍保存の注意点*

冷凍させたブロッコリーは、花蕾がポロポロと崩れやすくなっています。

なので、冷凍室が他のものでいっぱいな時は、注意が必要です。

ブロッコリーがポロポロになるのを保護するために、冷凍可能なタッパーなどに入れてから保存するのをおすすめします。

 

また、冷凍したブロッコリーは自然解凍には向きませんので、必ず凍ったままの状態で調理してください。

ブロッコリーの美味しい食べ方

生のブロッコリーは、茹でるよりフライパンで蒸す方法がおすすめです。

フライパンにブロッコリーと水100cc、ひとつまみの塩を入れ、蓋をして強火にかけます。

キッチンタイマーを2分にセットし、あとは待つだけ!です。

茹でるのではなく、少量の水で蒸すことにより、濃厚でジューシーに仕上がります。

冷凍したブロッコリーの解凍の方法は色々ありますが、おすすめの調理法は「乾煎り」です。

凍ったままの冷凍ブロッコリーをフライパンに投入し、水分が飛ぶまでじっくりと炒めます。

冷凍ブロッコリーは、解凍に失敗すると、べチャっとしてしまうことがあるのが難点ですが、この方法で解凍すると、生から茹でたようなシャキッとした食感になります。

美味しいレシピ

おかかマヨ醤油炒め

・フライパンにマヨネーズをとブロッコリーを入れ火にかける。

ブロッコリーがしんなりしてきたら、かつお節と醤油をあ投入して、火を止める。

ブロッコリーとカニカマの中華和え

・生のブロッコリーは蒸して、冷凍ブロッコリーは乾煎りする。

・同量の醤油、砂糖、酢、ごま油、すりごまをボウルに入れ、ブロッコリーとほぐしたカニカマを加えて和える。

 

また、捨ててしまいがちな”茎”の部分ですが、外側の硬い皮を厚めに剥くと美味しく食べることができます。

おすすめのレシピは、まず皮をもいた茎を薄くスライスして、さっと茹でます。

塩昆布、ごま油を加えるさっと和えれば、簡単ナムルの出来上がりです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【冷凍食品】国産オーガニック 冷凍ブロッコリーセット 6袋
価格:2700円(税込、送料別) (2022/7/30時点)

楽天で購入

 

 まとめ  

いかがでしたか?

緑色が鮮やかで、ビタミンCをたっぷり含む優秀な食材である栄養満点なブロッコリー。

今回は、ブロッコリーを長持ちさせるおすすめの保存方法と保存期間について、ご紹介しました。

 

ブロッコリーは「花蕾(からい)」と呼ばれる、蕾(つぼみ)の集合体を食べる野菜です。

その花蕾(つぼみ)が固く締まって、キュッとしているもの、茎の切り口が薄い緑色をしているもの、

外側の葉がピンと張っているものが新鮮です。

 

冷蔵保存の場合は

  • キッチンペーパーに包んだ状態でのブロッコリーは、大体3日〜4日ほどです。
  • 水入りのコップに立てた状態での保存の場合は、大体10~14日ほど長持ちさせることができます。

冷凍保存の場合は

  • 小分けにしたブロッコリーを、生のまま冷凍する。
  • 小分けにしたブロッコリーを、硬めに加熱してから、冷凍する。

と2通りあります。

どちらの場合でも保存期間は、だいたい3~4週間ほどです。

生のブロッコリーは、茹でるよりフライパンで蒸す方法がおすすめです。

冷凍したブロッコリーの、おすすめの解凍法は「乾煎り」です。

冷凍したブロッコリーは自然解凍には向きませんので、必ず凍ったままの状態で調理してください。

また、捨ててしまいがちな”茎”の部分ですが、外側の硬い皮を厚めに剥くと美味しく食べることができます。

栄養価も高いので、ぜひ召し上がってくださいね。

-お役立ち情報, グルメ

Copyright© 万年青年ブログ , 2022 All Rights Reserved.