グルメ 中四国地方 鯛めし

愛媛県松山市の鯛めし専門店「磯之河」のおすすめメニューと店舗情報

投稿日:2019年1月27日 更新日:

鯛めしと言えば四国愛媛県が本場。鯛めしと言っても大きく分けて南予地区の「宇和島風鯛めし」と東予地区の「炊き込み風鯛めし」があります。特に有名なのは「鯛釜めし」で「鯛釜めし」を中心に紹介していきますので、最後までお読みください。

おすすめの店の紹介

愛媛県松山市には、鯛めしを看板に挙げている店はたくさんあります。その中の特におすすめの魚、魚介類、海鮮類をメインで提供している「磯之河」を紹介します。

もともと北条市だったのが、合併して松山市になりました。国道沿いの海辺側に位置し駐車場もあります。入り口付近には、いつも順番を待つお客様で溢れています。特に人気は鯛釜めしで炊き立ての釜めしは絶品です。

鯛釜めしの中で、鯛尽くしのメニューは「鯛御膳」がおすすめです

磯之河の鯛釜めし

「鯛御膳」は鯛尽くしです。鯛の釜めしは大きな鯛の切り身が載っています。ご飯の量も多いため、お茶碗に3杯はあります。

鯛の濃厚な味は柔らかい切り身とご飯にしっかりとついており、釜めし特有のおこげの香ばしさと歯ごたえの良さが加わり、鯛の濃厚なうまみがたっぷり楽しめます。

「鯛御膳」の内容は、鯛釜めし、鯛の兜煮、鯛の刺身、鯛の汁物、鯛ソーメン、茶わん蒸し、海藻サラダなどでボリュームたっぷりで価格はわずか2100円。刺身も肉厚で歯ごたえ十分です。ぜひおすすめの逸品です

さて鯛めしには2種類あることを知っていましたか?  

愛媛県の郷土料理といえば「鯛めし」が有名です。

四国に住んでいる人は、大体知っていると思いますが、意外と知られていないのが鯛めし」には大きく分けて2種類あるのです。

四国の人は「炊き込み風鯛めし」と「宇和島風鯛めし」とに分けて読んでいます。東予地区と中予地区では「炊き込み風鯛めし」がよく食べられます。

南予地区では、タイの刺身をご飯の上にのせて、タレ、卵、薬味などをかけて食べる「宇和島風鯛めし」が食べられています。

さて、どちらが美味しいかといいますとやはり好き嫌いの個人差があります。私はやはり「炊き込み風鯛めし」です。


    「炊き込み風鯛めし」      「宇和島風鯛めし」     

写真で分かるように「炊き込み風鯛めし」としては「鯛釜めし」が有名です。鯛もたくさん入って非常においしいです。「宇和島風鯛めし」は半ナマの刺身で薬味をかけて食べます。半ナマの嫌いな人は「鯛釜めし」がおすすめです。

店舗情報

◆店名 お食事処「磯之河」 電話 089-994-2853

◆住所 愛媛県松山市磯河内甲1-1 

◆営業時間 昼 11時~14時 夜 16.30~21時店休 火曜日(祝日の場合は翌日) 私は一度、昼に予約の電話を入れたのですが、昼はごった返しているので予約はやっていません。とのことでした。

このお店で食べたら他では食べられなくなるほど評判の「磯之河」は、魚が新鮮で、どのメニューを食べてもはずれはありません。

値段も料理の内容はリーズナブルでとにかくおすすめです。混雑の割には料理の提供は早いですし特に家族で外食する場合はおすすめの一軒です。

私は四国に出張すると必ず時間を割いてでも「鯛御膳」を食べに行きます。一度行くと病みつきになり、鯛めしは「他店では食べたくない」と思うほど絶品です。「ちょっとほめすぎかな?」

若い人にもお年寄りにも大人気の「磯之河」、他のメニューは何がある?

魚料理が苦手なお子様でも、唐揚げやとんかつなどのメニューがあるので家族連れでにぎわいます。

他のメニューは鯛釜めしをはじめタコ釜めし、風早弁当でわかめごはん、あさりバター、エビフライ、唐揚げ、肉団子とお得意の肉厚の刺身の盛り合わせ、そしてレジの前には鯛めしのにぎりがテイクアウト用に置いてあります。

愛媛県の旧北条市で現在は合併して松山市となりました。北条磯河内にあるお食事処「磯之河」は週末の夜になると待ち時間があるほどにぎわっています。

郊外にはこういったお店がないので、家族連れや洋食が苦手なお年寄りにも人気があります。

ぜひ行ってみたいお店です。行くのが病みつきになりそうな店です。

 

まとめ

今回は鯛めしで有名な磯之河についてご紹介しました。特に鯛釜めしは絶品でどこよりも安く、鯛がたくさん食べれるので最高です。こんなうれしい料理はありません。

四国に出張、旅行に行かれたら、ぜひ一度食べに行ってもらいたいお店です。もちろん私と同じように感激してもらえる店と思いますが....。

実は私は広島から高速道路を使って2時間半かけて「鯛めし御膳」をわざわざ食べに行きます。そりゃぁ、わざわざ行くのですから満足して広島に帰ります。しかしその途中、尾道で高速を降りて「尾道ラーメン」を食べて帰ります。これを太っ腹とでもいうのでしょうか?。違いますよね。

この尾道ラーメンがうまい。いりこ醤油だしのラーメンで行列が多い店ばかりですが、また行きたくなるはずです。尾道ラーメンについては次の機会に譲ります。

尾道ラーメンを広島で食べるならココ →→ 尾道ラーメン「味億」

さて鯛めしについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。ぜひ参考にされて行かれる便がありましたら、思い出して行ってみてください。

今からでも間に合う、足のトラブルの具体的な解消法!

-グルメ, 中四国地方, 鯛めし

Copyright© 万年青年ブログ , 2020 All Rights Reserved.