エンタメ お役立ち情報 グルメ

マクドナルドの値上げはいつから?2022年値上げ商品まとめと歴史

投稿日:2022年9月28日 更新日:

日本マクドナルドがおよそ6割の品目で店頭価格の値上げを発表しました。

かつて100円を切っていたハンバーガーは130円から150円に。

ビッグマックは390円から410円に引き上げられました。

値上げの時期やどの商品が値上げになったのか、値上げ商品の歴史等をまとめてみました。

値上げが気になる方はお読みください。

2022マクドナルドの値上げはいつから

日本マクドナルドがおよそ6割の品目の店頭価格を値上げすると発表しました。  日本マクドナルドは2022年9月30日から、およそ6割の品目の店頭価格を引き上ました。

Twitterでも、トレンドになり「100円マックが懐かしい」などの声も…

対象商品の一覧調査!

値上げになった一部商品を抜粋しました。

【9月30日 (金) ~価格改定対象商品例 (店頭価格) 】

商品名 価格推移
ハンバーガー 130円→150円
チーズバーガー 160円→180円
チキンクリスプ 130円→150円
「ちょいマックバーガー(エグチ・チキチー) 200円→220円
ダブルチーズバーガー 350円→370円
てりやきマックバーガー 350円→370円
フィレオフィッシュ 350円→370円
えびフィレオ 390円や→400円
ビッグマック 390円→410円
炙り醤油風ダブル肉厚ビーフ 490円→500円

※上記は一例です。各メニューやセットの新価格につきましては、9月30日(金)以降に店頭やマクドナルド公式サイト、マクドナルド公式アプリ等にてご確認ください。

今回値上げする理由

目玉のハンバーガーは今年3月、130円に値上げしたばかり。2022年9月30日からはさらに値上げし、150円になりました。

ビッグマックは、390円が410円に。マックフライポテトのSサイズが150円から160円になりました。

値上げの理由は、原材料価格の高騰や人件費、物流費の上昇などに加えて、急激な円安の影響だといいます。

ビールやジュース、その他、冷食含む食品関係も値上げ続きですし、原材料高騰の他にも要因があると聞くと、やむを得なかったのかとも思いますね…。

価格推移で見る値上げの歴史

先ほどにも書きましたが日本マクドナルドがおよそ6割の品目で店頭価格の値上げを発表しました。かつて100円を切っていたハンバーガーは130円から150円に。ビッグマックは390円から410円に引き上げられました。

さかのぼって1971年は、ハンバーガー1個が80円。あんぱんが25円で買えた時代です。決して安い食べ物ではありませんでした。バブル期には、1個210円。これが今のところの最高値でした。

低価格競争に突入したのは1995年。2000年には、平日半額セールで65円に。なつかしいですね。

しかし
次第に、価格競争の限界が見え始めます。この年、一部商品を値上げ。

目玉のハンバーガー59円は据え置いたものの、半年後には、ハンバーガーも59円から80円に値上げ。

その後は、ジリジリと微増微減を繰り返し、2022年3月、130円に値上げしたばかり。9月30日からはさらに値上げし、150円になりました。

ビッグマックは、390円が410円に。マックフライポテトのSサイズが150円から160円になりました。

マクドナルドの値上げの歴史をユーチューブで見る

ユーチューブで価格推移をみることができます。ANNニュースで取り上げられていました。

気になる方は、ぜひご覧ください。わずか2分50秒です。↓↓↓↓↓↓

ユーチューブで価格推移のニュースを見る

 

日本マクドナルドがおよそ6割の品目で店頭価格の値上げを発表しました。かつて100円を切っていたハンバーガーは130円から150円に。ビッグマックは390円から410円に引き上げられました。

マクドナルドの値上げのまとめ

日本マクドナルドがおよそ6割の品目で店頭価格の値上げを発表しました。

かつて100円を切っていたハンバーガーは130円から150円に。

ビッグマックも390円から410円に引き上げられました。

値上げの時期やどの商品が値上げになったのか、値上げ商品の歴史等をまとめてみました。

-エンタメ, お役立ち情報, グルメ

Copyright© 万年青年ブログ , 2022 All Rights Reserved.