お役立ち情報

【赤いクワガタ】ヒラズゲンセイを見つけたら?毒があるので要注意!

投稿日:

アフィリエイト広告を利用しています

こんにちは❗️

「赤いクワガタ」って昭和世代からすると、「赤い彗星」とか「シャア専用」とかテンションが上がりますが、令和の子供達もテンションが上がるクワガタです。

名前がヒラズゲンセイといいます。

でも気をつけて❗️

赤いクワガタを見つけても素手で触ったら超危険です。

実は毒があるからなんです❗️❗️❗️

もし体液が付着するようなことがあったら直ちに流水などで洗い流してくださいね。

今回は、ヒラズゲンセイについての

  • ヒラズゲンセイを見つけたら
  • ヒラズゲンセイはクマバチの巣に寄生
  • ヒラズゲンセイは絶滅危惧種
  • ヒラズゲンセイの生息地
  • ヒラズゲンセイの値段

などを紹介しますね。

最後までゆっくりと楽しんでいってくださいね。

 

ヒラズゲンセイを見つけたら

 

これはヤバいやつですね。

有毒な物質であるカンタリジンという毒物があって、火傷に似た症状になり炎症や水ぶくれになります。

素手では触らないようにしましょう。

もし触って体液が付着した場合は、直ちに流水で洗ってくださいね。

 

ヒラズゲンセイはクマバチの巣に寄生している

 

ヒラズゲンセイはクマバチの巣に寄生している虫です。

クワガタなどの甲虫ではありますが、ツチハンミョウの仲間ですね。

特殊な環境にしかいない虫ですので、あまり見かけることもないですね。

珍しいからこそテンションアップして捕まえたくなりますね。

 

ヒラズゲンセイは絶滅危惧種?

ヒラズゲンセイで検索すると、絶滅危惧種というワードが出てきました。

かつて高知県を代表する甲虫の一種で絶滅危惧種でした。

近年生息域を広げていますね。

 

ヒラズゲンセイの生息地は?

 

生息地は

  • 近畿
  • 四国
  • 九州

など温暖な地域で見られるようになってきたのですが、元々は四国とかにしかいなかった昆虫です。

最近は温暖化の影響からか、生息域がどんどん北上しているということです。

大阪府や京都府でも見られるようになっていますね。

 

ヒラズゲンセイの値段は?

調べてみると、ヒラズゲンセイはヤ⚪︎オク!で取引されている値段を見ると、1匹2,000円とかでした。

珍しい昆虫ですので高値で取引されているのですね。

ちなみに、クワガタの取引価格をランキング形式で表にしてみました。

ランキング クワガタの種類 平均価格 (日本円)
1位 オオクワガタ 10,000円以上
2位 ゴライアスオオクワガタ 5,000円以上
3位 ヒラタクワガタ 3,000円以上
4位 シラホシクワガタ 2,000円以上
5位 コーカサスオオクワガタ 1,000円以上
6位 オウゴンオオクワガタ 1,000円以上
7位 ノコギリクワガタ 500円以上
8位 シナノクワガタ 300円以上
9位 ミヤマクワガタ 300円以上
10位 ツヤクワガタ 200円以上

 

※データは2021年現在のものですので2023年では少々変動していることがあります。

 

まとめ

ヒラズゲンセイは珍しい昆虫ですので見かけたら触りたくなります。

でも体液には毒があることを考慮して素手では触らないようにしましょう。

また生息地もクマバチの巣に寄生しているのでなかなか特殊な条件でしか生きられないということを理解して、そっとしておくのが無難ですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-お役立ち情報

Copyright© 万年青年ブログ , 2024 All Rights Reserved.