グルメ

ヒラメ(ひらめ)の旬の時期はいつ? 人気料理と酒に合うレシピは?

投稿日:2019年7月4日 更新日:

生鮮食材の旬はご存知ですか? 旬の野菜や果物、旬の魚は本当に美味しいです。このサイトでは様々な野菜や果物、魚介類などの特徴や食べ方、そして今回紹介するのはヒラメ(ひらめ)の旬の時期、人気料理とお酒に合うレシピです。ぜひ参考にしてください。

ヒラメ(ひらめ)の旬の時期はいつ? 漁獲量の多い地域は?

旬の食材カレンダーによりますとヒラメ(ひらめ)の旬の時期はいつかと申しますと11月、12月、1月,2がヒラメの食べごろで旬といわれています。冬の寒い時期は、脂がのりつつ、身が引き締まっておいしい時期です。

春から初夏にかけてが産卵期で、産卵を過ぎると身が痩せ、味も劣ります。ただし、ヒラメの旬が過ぎても近年は養殖ものが多く出回るようになり、以前より旬はあまり意識されなくなりました。

九州から北海道まで、広い地域に生息しますが、寒い地方ほど漁獲量は多く、最大は青森。南の長崎では養殖が盛んです。

ヒラメは寒くなる秋から初春が美味しい時期です。中でも冬が最も脂が乗り身が締まって美味しいです。選ぶときのポイントとしては、身が厚く透明のぬめりがあるものが良いとされます。

またヒレの部分に当たるエンガワには、美容にいいとされるコラーゲンが豊富に含まれています。

おいしいヒラメ(ひらめ)人気料理&レシピを厳選してまとめました。

脂、甘み、歯ごたえの三拍子そろった高級魚「ヒラメ」の人気料理をご紹介します。

ヒラメのカルパッチョ

薄く平らな体形で、目が片側に寄ってついているひらめは、淡白で上品な味わい。レモンの香りをきかせれば、さっぱりといただくことができます。

ヒラメのムニエル

レストランの定番メニューで、家庭で作るにはハードルが高そうなムニエルですが、実はとっても簡単なんです! 出来上がるまでの工程も少なくよりシンプルなレシピですが、いつものお食事がちょっと豪華に見えますので、特別な日にも気軽に作ることができますよ。

ヒラメの煮つけ

肉厚な舌平目に合う料理です。「寒びらめ」といわれるように、冬の冷たい海の中で肉厚となり、豊富な餌を食べて脂質の量が最大になる冬が旬!

ヒラメの漬け丼

ヒラメを使った生姜香る漬け丼のご紹介です。漬ける時間によって濃さも変わりますので、お好みでご調整ください。簡単ですので、忙しい時にも漬け丼。

 

 

ヒラメの刺身

丁寧に捌けばきれいな柵になります。中骨から四半身を切り離すところと、皮引きがポイントです。

 

ヒラメの竜田揚げ

肉厚のヒラメを鶏肉の唐揚げより若干大きめにブツ切にして味付けし、揚げたもの。 外はカラッと中はフワッ♪、肉汁が無いので超ヘルシー! 

 

酒の肴に合うヒラメ(ひらめ)の人気レシピは ?

お酒といえば甘口、辛口など産地などでたくさんの種類があります。世の中にお酒の種類を全て知っているという人はまれだと思います。ここではお酒の種類の案内ではないので、詳しくは説明しませんが、日本酒、洋酒、ワイン、ビール、カクテルなどヒラメ料理はどれに合うのか、調べてみました。

昨今は日本酒が世界中で人気だそうです。甘口、辛口は人の好みなので一概には言えませんが、辛口の日本酒に合うのは、ヒラメの刺身です。私の体験から言うと、ヒラメの刺身の舌触りは、なんと表現していいのか、食べた人でないとわかりません。

薄切りにしたヒラメのなべ料理「ヒラメのしゃぶしゃぶ」はいかがでしょうか。特に寒い冬には辛口のお酒とヒラメのしゃぶしゃぶは天下一品です。一度試してみてください。きっと気に入ると思います。

ご飯に合うヒラメのレシピ

焚き立ちの白いご飯にぴったりなのは、「ヒラメの煮つけ」「竜田揚げ」でしょう。まあ好き嫌いはあるかも知れませんが食欲をすすり、つい食べ過ぎてカロリー、炭水化物の取りすぎになります。

まとめ

ヒラメ(ひらめ)の人気料理&レシピ特集はいかがだったでしょうか。

ヒラメは私の大好物です。ヒラメの刺身はほとんどの人が食べたことはあると思いますが、「ヒラメのしゃぶしゃぶ」はまだの方が多いのではないでしょうか。一度ヒラメのしゃぶしゃぶを食べてみたいと思いませんか。

絶品の味なので、また食べたくなること請負です。

ぜひチャレンジしてみてください。

今からでも間に合う、足のトラブルの具体的な解消法!

-グルメ

Copyright© 万年青年ブログ , 2020 All Rights Reserved.