お役立ち情報

突っ張り棒3mはダイソー、コーナン、ニトリでも買えるおすすめ商品

投稿日:2019年5月29日 更新日:

突っ張り棒は最近メディアなどに取り上げられ人気上昇のアイテムです。工夫次第でいろいろな使い方ができます!今回はそんな突っ張り棒について紹介していきます。他の人たちは突っ張り棒をどんな風に使っているのでしょうか?早速調べていきたいと思います。

いま話題の突っ張り棒とは?

【突っ張り棒】を聞いたり見たりしたことはありませんか。 例えば向かい合う壁面などの間に押し当てて固定する、伸縮性のある棒です。 カーテンレールや棚の設置、大型家具の転倒防止などに用いられます。

基本的に一本の棒がもう一本の筒状の棒に入った形状になっており、内側の棒をネジのように回転させて伸縮させるタイプと、外側の棒と垂直に小さいネジが付いていて、それを締めて内側の棒を固定するタイプの2種類があります。

私は上記の写真のように間仕切り用のカーテンとして使っています。

しかし近年のリフォームブームに伴い、壁に穴をあけないので賃貸住宅でも使え主婦でも安全に簡単に取り付けできます。その単純さ故に工夫次第で色々使える...などの点で主婦向けのテレビ番組などでクローズアップされ、結構幅広く活用されています。

家庭では洗濯物のほし竿として利用されています。突っ張り棒を縦に使うとき、ほかのアイテムと合わせて使うと、実用性も高まります。

室内の洗濯物干しに

突っ張り棒を縦と横に組み合わせて使うことで、洗濯物干しとして使えます。場所を取らないのもうれしいポイントです。

突っ張り棒の3mはダイソー、コーナン、ニトリのどこがおすすめ?

ダイソーをはじめ、100均では、3mの突っ張り棒の購入をすることはできません。一番大きくて2mまで伸びるものでしょう。しかし突っ張り棒の3mタイプは、いくつかの会社や店舗で販売されています。

その代表的な存在はニトリ、コーナンで販売されている3m突っ張り棒で、強力でおすすめの人気商品です。

100均のダイソーやセリア、キャンドゥなどでも長いタイプの突っ張り棒が扱われていますが2mまでのものです。100円から300円ほどで販売されています。100均で長いタイプの突っ張り棒があるなんてすごいことです。

ニトリや100均の突っ張り棒以外にも、コーナンの超強力極太タイプなどがおすすめの商品です。

 

100均ではダイソーの商品が強力

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均で売られている突っ張り棒と聞くと、安いので使えるがどうか心配でしょうね。もちろん、100均ですからニトリほどの強さは期待できません。しかし実際に比較してみるとダイソーの2m突っ張り棒が強力で落ちないと話題になっています。

ただし、ダイソーなど100均ショップの突っ張り棒は、長さが3mないことがほとんどです。基本的にダイソーの突っ張り棒は長さが2mほどで、3mの長さはありません。通常の短い突っ張り棒で短いのが必要な場合は、2mほどの100均がぴったりで利用価値があります。

最初は100均のダイソーの突っ張り棒を使ってみるべき

100均で安く買えるので、お部屋のあちこちに気軽に活用できます。ダイソーの2mの突っ張り棒で長さが足りない時には、結束バンドで繋げて長くする方法もあります。ニトリやコーナンの商品に比べると強力さは劣りますが、耐荷重の強くない範囲で利用すれば落ちないので安心です。できるだけ軽いものを収納するようにしたら100均の突っ張り棒で十分です。

突っ張り棒は3mが強力

かんたんなことから突っ張り棒をまず使ってみてください。突っ張り棒は、お部屋のデッドスペースでも簡単に収納できて人気のある商品です。突っ張り棒は横に突っ張ったり、縦に使ったりできて色々なアイデアがあります。

そんな突っ張り棒ですが、最近、3mの長い突っ張り棒が強力で収納に使えます。3mの突っ張り棒を使って収納やインテリアに便利だと注目されているのです。最近テレビでやっていましたね。

しかし3mの突っ張り棒は長いので落ちないかと心配になる方も多いことでしょう。また、3mの突っ張り棒は100均やニトリやコーナンでも買えるのか、心配ですね。

そこで今回は、突っ張り棒は3mが強力だというのは本当なのか、長すぎて落ちないのかを調べてみたいと思います。

これまでに突っ張り棒を使ったことがある方なら、突っ張り棒が落ちてしまった経験があるかもしれません。私は何回か落ちた経験はあります。

突っ張り棒を使ってせっかく整理したのに、落ちしてしまうと部屋が散らかってしまったり、物が壊れてしまったりします。突っ張り棒が落ちてしまうと、後片付けしたり何度も付け直すのが面倒です。

3mの突っ張り棒は強力で、収納したものが落ちないか。

3mの突っ張り棒は、ニトリやコーナンなど販売している会社によっても強度が異なるようです。強度が強くて耐荷重に優れた3mの突っ張り棒もあれば、耐荷重が少ない突っ張り棒もあります。そのため、収納したい雑貨の用途に合わせて突っ張り棒の強度を選ぶ必要があります。用途に合わせてきちんと3mの突っ張り棒を選べば、物が落ちないかどうかを心配することなく利用できます。

まとめ

いかがでしたか。

突っ張り棒を利用して何に使うかが先決です。用途に合った突っ張り棒を購入しましょう。洗濯ものを干すのに使うのか、カーテンに使うのか、収納用に使うのかなどによって長さ、強度が違います。

まず作って使い慣れることが一番なので、身近なもので軽く使えるものから作って突っ張り棒の使い方になれたら、強度の必要なものに使ってみましょう。

2019年5月28日TBSテレビのあさチャン(午前5時25分~)で取り上げられてましたね。

daim つっぱり式物干し設置セット シングル 1本タイプ ホワイト/ウッド 2.0m~3.4m伸縮式設置カンタン!【物干し ベランダ用 屋外 室内物干し 突っ張り棒 2m 3m 物干し竿 洗濯竿】

価格:3,800円
(2019/11/13 16:05時点)
感想(9件)

今からでも間に合う、足のトラブルの具体的な解消法!

-お役立ち情報

Copyright© 万年青年ブログ , 2020 All Rights Reserved.