お役立ち情報 グルメ

白魚とは何の稚魚? 成長して大きくなったら?旬の時期、産地を調査

投稿日:

皆様、白魚(シラウオ)ってご存じですか?

白魚は名前の通り真っ白い小さな魚で、寿司ネタとして軍艦巻きに用いられたり、塩ゆでにしてそのまま食べたりかき揚げにしたりと色々な食べ方をします。

白くて細長いその容姿から、女性の白くてほっそりした指の事を【白魚のような指】という慣用句が生まれ事でも有名ですね。

一度は耳にしたり、口にしたことがあるのではないでしょうか。

では、一体白魚は何の稚魚なのでしょうか?

大きくなったらどの魚になるのか、旬な時期はあるのか、どこが産地なのか?等々気になることを調べてまとめてみました。

白魚とは何の稚魚?

 

ではさっそく白魚は何の稚魚なのか。結論から申しあげます。

【白魚は小さいながらも立派な成魚】です!

小さく透明な姿を見て、何かの稚魚だと勘違いされる方は多いと思いますが、これ以上成長して姿を変えたり大きくなることはありません。

白魚はキュウリウオ目シラウオ科に属する魚で、河口付近や汽水域で四手網を使って獲られます。体長は5~10cmで、細くとがった魚体は、新鮮であればあるほど透き通っており、死後時間の経過と共に白っぽくなる様子から『白魚(しらうお)』と呼ばれるようになりました。

白魚とよく似ていて、勘違いされる食材に『シラス』があります。

こちらはイワシ・ウナギなどの白い透明な稚魚に対して用いられる総称。シラス干しとして市場に流通するのは、カタクチイワシやマイワシの稚魚を原料魚としたものなのです。

シラスは稚魚なので、大きくなると呼び方も形も大きさも変わっていきます。

見た目が良く似ているので、混合される方も多いですが実際は『白魚は成魚』と『シラスは稚魚』であり、種類も違う全く別物になります。

そして食べ方にも違いがあり、シラスは一般的に天日に干したシラス干しや、茹で上げた釜揚げシラス、ノリのように干した畳いわしといった方法や、新鮮なものは生シラスとして生食も好まれています。

一方で白魚はてんぷらや吸い物、佃煮やお寿司などで、家庭で食べる食材というより、高級料亭で食べられる食材とされています。

白魚の旬な時期、産地は?

では、白魚の旬な時期、有名な産地はどこなのかをまとめてみました。

【白魚の漁獲時期】

秋漁9月~3月、春漁4月~6月

白魚は年間を通して流通はしているのですが、春に産卵し、孵化したものが9月~3月中旬に漁獲されます。その為、10月~11月には漁獲の最盛期を迎える事となります。

【白魚の代表的な産地】

青森県の小川原湖

 

茨城県の霞ケ浦

 

北海道の網走湖

 

島根県の宍道湖

青森県の小川原湖  茨城県の霞ケ浦  北海道の網走湖  島根県の宍道湖

こちらが捕獲量の多い地域になります。

地域によって旬も変わってくるので、そちらのチェックしておきましょう!

青森県小川原湖では、秋漁の9~3月と春漁の4~6月に白魚が水揚げされるので、旬は春漁が行われる時期だが、流通するのは秋漁の時期になります。

同じように、白魚の漁獲量がトップクラスの茨城県霞ケ浦では、漁が解禁される7月下旬頃~12月に旬を迎えます。漁獲時期によって白魚のサイズが違うという特徴も。また、北海道で獲れる白魚はほとんどが網走湖産で、旬を迎えるのは漁が行われる9~10月頃です。

漁獲量がそれほど多くないため、北海道では珍味として楽しまれるほど貴重な魚になっています。

 

白魚のしそ風味おつまみ

生きている時は透明で、水揚げされて空気に触れるとすぐに死んでしまい、色が少しずつ白く変化していく白魚。高級な寿司ネタとして有名なのは、鮮度の高い旬のものがなかなか流通しないことが理由です。

まとめ

白魚について、何の稚魚なのか、旬な時期、産地についてまとめてみました。

白くて小さい容姿から何かの稚魚ではないかと思っていた方も多いと思いますが、実際には成魚だという事。似た魚に【シラス】があるので勘違いしていた方も多いのではないでしょうか?

そして通年口にすることができる白魚ではありますが、漁獲される地域によって少しずつ旬な時期が違います。

青森県では春漁が行われる時期だが、流通するのは秋漁

茨城県では漁が解禁される7月下旬頃~12月に旬を迎え

北海道では漁が行われる9~10月頃が旬だと言われています。

白魚の産地で旬な時期に新鮮な白魚を楽しんでみてはいかがでしょうか?

以上参考になれば嬉しいです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また白魚の珍味がありましたのでご覧ください。

 

-お役立ち情報, グルメ

Copyright© 万年青年ブログ , 2022 All Rights Reserved.